FC2ブログ

大阪府能勢町のバスツアーに参加しました

今日は、大阪府能勢町のバスツアーに参加しました。

好天に恵まれ、能勢の豊かな自然を満喫しました。
お料理もおいしかったです。
「野間の大ケヤキ」から「汐の湯温泉」まで、能勢町の観光ガイドさんの案内で、
能勢地方の古くからの歴史にも触れさせていただきました。
充実のバスツアーでした。

1 「野間の大ケヤキ」を見学しました。

 20111117A-1_convert_20111124095602.jpg

  大阪緑の百選、国指定天然記念物に指定されています。
  樹齢は、千年を超えるそうです。
  昔、野間に鎮座していた「蟻無宮」(ありなしのみや)という神社の
  ご神木だったそうです。
  単体木で、完全な樹形の個体としては、「日本一の大けやき」です。

  「野間の大ケヤキ」には、毎年、フクロウ科の渡り鳥 
  青葉梟(アオバズク)が飛来し、子育てをします。
  青葉梟は、極東、東南アジア、インドにすんでいます。
  青葉の季節に、日本に繁殖のためにやってくるため、この名がつきました。
  体長約30センチで、羽は茶色。胸に縦斑があり、黄色の目が特長です。
  夜間に、「ホーホー」と鳴きます。
  今年は、4月下旬に飛来し、7月23日に飛び立ちました。
  シーズン中は大勢のファンが寝袋持参で訪れます。

 20111117A・「-1-1_convert_20111125134602

2 「倉垣天満宮」を見学しました。

 20111117A2-1_convert_20111124095925.jpg

  歌垣山のふもとにあり、祭神は菅原道真です。
  1054年、領主の源頼基が、山城国の北野天神の分霊を祀ったのが始まりです。
  当初は、歌垣山の頂上に祀られていましたが、
  1584年に、参詣の便を図って、ふもとへと遷座しました。
  境内には、菅原道真の干支にちなんで、牛が祀られています。

 20111117A2-3_convert_20111124100625.jpg

  それと大阪府指定天然記念物の大イチョウの木が立っています。

 20111117A2-2_convert_20111124100105.jpg

  樹齢は、400年以上だそうです。
  イチョウの木は、水分が多いために、火事や魔よけのために、植えられたそうです。

  倉垣天満宮の旧地である歌垣山の「歌垣」とは、
  古代に、適齢期の男女が、春と秋の2季に、山や市などに集まって、歌を詠みかわして、
  舞踏して遊んだ行事に由来しています。
  人々が垣のように円陣を作って歌ったこと、
  また、「歌懸き」(歌の掛け合い)に由来するそうです。

  きっと歌の上手な人がもてたでしょうね。
  現代の合コンのようなものでしょうか。

3 「秋鹿酒造有限会社」で、社長さんのお話しを聞きました。

 20111117A-3-2_convert_20111124102441.jpg

  明治19年10月20日に創業。

  社名の由来は、能勢のベストシーズンである「秋」と、
  初代社長 奥鹿之助の「鹿」を合わせて、
  「秋鹿」と名付けたそうです。

  鹿は、昔はありがたい動物と大切にされていたそうですが、
  今は、数が増えて、畑を荒らすので、
  ありがたいとばかりいってられないそうです。

  品質第一に、米作りから酒造りまで、一貫して自社でされています。
  能勢は、お米を作るのに、絶好の場所だそうです。
  確かに、山のお米はおいしいです。
  山の落ち葉の養分が加わるせいでしょうか、
  上流で水がきれいなせいでしょうか。
  おいしいお米で造るお酒っていいですね。

  お話しの後、利き酒をしました。
  おちょこで、「純米大吟醸 鄙の春」(山田錦50%)、
  「純米吟醸生酒 秋鹿」(山田錦60%)、
  「純米酒 摂州能勢」(山田錦70%)をいただきました。

 20111117A・「-3-3_convert_20111125134013

  お酒の値段は、お米を何パーセント精米するかで決まるそうです。
  精米して、脂肪などの成分を削り、お米のサイズが小さくなるにつれて、
  爽やかな味になっていく感じがしました。

4 「名月峠」に行きました。
  この峠には、平清盛に愛された名月姫のお墓があります。

  平清盛の側室になることを拒否し、夫の能勢家包への貞節を守り通し、
  福原に向かう途中、名月峠で自害した名月姫のエピソードは、
  来年のNHKの大河ドラマ「平清盛」に出てくるのでしょうか。
  婚礼の行列やお祝い事の車は、この峠を通らないそうです。

5 昼は、「汐の湯温泉」で、猪汁付きの特製お弁当を賞味しました。

 20111117A-4_convert_20111124092145.jpg

  初めて食べた猪肉は、独特な味がして結構な昼食でした。
  おいしいお昼ごはんはバスツアーの楽しみですね。

  時間の都合で汐の湯温泉には、入りませんでしたが、
  お庭を見せていただきました。

6 「やまおか碧山苑」で、山野草の寄せ植えを作りました。
  清澄シラヤマギク、コガネシダ、屋久島ヘビイチゴの3種のポット苗を、
  植木鉢に植え替えて、お土産にいただきました。

 20111117A-5-1_convert_20111124101600.jpg

7 「三浦培樹園」で、盆栽の逸品を見学しました。

 20111117A-6-1_convert_20111124101818.jpg

  姫りんご、梨、ろうや柿が実っている盆栽を見たときに、
  すぐに頭に浮かんだのは、「これは食べれるのかな」でした・・・。

  「盆栽は、ペットと同じ。愛情を持って世話をしなければいけない」のだそうです。

  盆栽を見るポイントは、
  盆栽の樹齢(幹肌の色、幹の太さから推測するそうです。)、
  枝ぶり(太くて、うねりのあるものが良いそうです。
  ずどんと、まっすぐで太いものはだめだそうです。)、
  花の美しさ、すぐに枯れるものか、強いものかなどだそうです。
  氷川きよしの趣味も盆栽だとか。

8 能勢町観光物産センターで、能勢の特産品の買い物をしました。
  能勢名物の「でっちようかん」を土産に買いました。
  あっさりした口当たりでおいしかったです。
スポンサーサイト



プロフィール

青山昌仁

Author:青山昌仁
開業18年目
兵庫県司法書士会 所属
趣味:合気道、卓球、料理、読書

  ◆青山司法書士事務所の
    ホームページはこちら◆

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR