FC2ブログ

京都市内のお寺巡りをしました

今日は、京都市内のお寺巡りをしました。

まず、三十三間堂に行きました。

2017-04-09_sanzyusan2_convert_20170410113033.jpg

三十三間堂は、正式には、蓮華王院というそうですが、
正面の柱間が、33あることから三十三間堂と通称されています。

33という数は、観音菩薩の変化身三十三身にもとづく数を表しています。

堂内の中央に、千手観音坐像、
左右に、各500体の千手観音立像、
堂内の両端に、雷神と風神、
千手観音立像の前列と、千手観音坐像の四方に、観音二十八部衆像があり、
圧巻でした。

慶派、院派、円派など、当時の多くの仏師が、制作に参加したそうです。

次に、東福寺に行きました。

東福寺は、臨済宗の京都五山のひとつです。

本堂

2017-04-09_tofukuji-hondou_convert_20170410113306.jpg

本堂の天井には、堂本印象氏作の蒼龍図が描かれています。
迫力のある龍の絵でした。

三門

2017-04-09_tofukuji_sanmon_convert_20170410113158.jpg

室町初期に建築されました。

開山堂

2017-04-09_tofukuji-kaizan_convert_20170410114218.jpg

2017-04-09_tofukuji-kaizan2_convert_20170410114323.jpg

お坊さんが、お庭を掃除しておられました。

本坊庭園

本坊の庭園は、重森三鈴氏の作です。
「八相成道」にちなみ、八相の庭と命名されています。
「八相成道」とは、釈迦の生涯の八つの重要な出来事のことです。

東庭

2017-04-09_tofukuji-toutei_convert_20170410113933.jpg

円柱の石を北斗七星に見立てています。

南庭

2017-04-09_tofukuji-nantei_convert_20170410114038.jpg

東福寺内の渓谷に、3つの橋がかかっています。
東福寺三名橋と呼ばれています。

臥雲橋

2017-04-09_tofukuji-gaun_convert_20170410113425.jpg

通天橋

2017-04-09_tofukuji-tuten_convert_20170410113811.jpg

通天橋は、紅葉の名所です。

最後に、東寺に行きました。

東寺には、教王護国寺という名称もあります。
宗教法人としては、教王護国寺の名称で登記をしているそうです。

東寺といえば、五重塔ですね。

2017-04-09_touji2_convert_20170410113708.jpg
スポンサーサイト



プロフィール

青山昌仁

Author:青山昌仁
開業18年目
兵庫県司法書士会 所属
趣味:合気道、卓球、料理、読書

  ◆青山司法書士事務所の
    ホームページはこちら◆

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR